文字サイズ

石川遼 5アンダーで首位タイ発進 2大会連続Vへバーディー量産

 「男子ゴルフ・セガサミーカップ・第1日」(22日、ザ・ノースカントリーGC=パー72)

 7月の日本プロに続く2大会連続優勝を目指す石川遼(27)=CASIO=が4連続を含む7バーディー、2ボギーの5アンダー67をマークし、P・ミーサワットと並び首位発進した。

 見事な巻き返しだった。石川は出だしの10番で第1打を池に打ち込んでボギー発進。続く11番もボギーをたたいたが、そこから7個のバーディーを量産し終わってみれば首位タイ。2週連続Vへ絶好の位置につけた。

 「最初はミスショットだったけど、すぐにこういうこともあるかなという感じで、1打1打いいショットをつなげていけば大たたきはないだろうと思ってやりました」

 日本プロから約1カ月半ぶりの試合だったが、手ごたえは十分だった。その象徴的なショットとして挙げたのが16番パー3の第1打。右斜め横からの向かい風に対して普段より1番手大きい6Iでストレートに近いフェードを打ち2メートルにピタリ。「今日が80点ならその8割が16番のショットのおかげ」と充実感を漂わせた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ゴルフ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ゴルフ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス