文字サイズ

三浦桃香 耐えた4日間 6位で出場資格「ずっとゴルフできるよう練習しますね」

 通算6アンダーでホールアウトする三浦桃香(中央)
1枚拡大

 「女子ゴルフ・ツアー最終予選会・最終日」(30日、東急グランドオークGC=パー72)

 来季前半戦の出場優先順位を決める最終予選会の最終ラウンドが行われ、勝みなみらと同じ“黄金世代”の三浦桃香(19)=フリー=がこの日2バーディー、1ボギーの71でラウンド、通算6アンダーの6位でフィニッシュ。35位程度が可能と思われる前半戦フル出場資格を手にした。トップは同9位の実力者、原江里菜(31)=NEC。

 人気の美人ゴルファーが、来季前半戦のトーナメント出場資格を得た。三浦は「よかった~」と満面の笑みで振り返った。

 耐えた4日間でもあった。シーズンで疲れているところに、期間中「ブヨに刺されて、リンパがすごい腫れて、頭が痛くなって…」というコンディションで最終日を迎えた。

 アンダーパーなら前半フル出場の一つの基準となる30位台中盤、という予想の中、通算5アンダーからのプレーだったが、6月のアース・モンダミンカップ以降18試合で14度の予選落ちを経験しており「悲しい気持ちのままQTに来た」という不安も抱えてのラウンドでもあった。

 さらに2番で「3パット。下手すぎてビックリ」とボギーが先行。しかし4番で取り返すと7番は10メートルのパーパットをねじ込んで、上位フィニッシュにつなげた。

 ルックスだけではない。豪快なドライバーショットも大きな魅力の三浦。「そこはQTで生かせた。ずっとゴルフできるよう、練習しますね」と“魅せ”続けることを約束した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ゴルフ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ゴルフ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス