文字サイズ

小池初V逃す「いいゴルフだったのに」

 最終日、通算12アンダーで4位の小池一平
1枚拡大

 「ISPSハンダグローバルカップ・最終日」(28日、ヴィンテージGC=パー72)

 初優勝を狙った地元山梨出身の小池一平(29)は通算12アンダーの4位に終わった。

 自宅が会場から車で30分という小池が初優勝を逃した。終盤まで優勝争いに加わったが、17番で3パットのボギーをたたき4位。「上がり2ホール以外はいいゴルフだったのに」と肩を落とした。日本ツアー機構によると、記録が整っている1985年以降、山梨県出身プロのツアー優勝はない。小池は「手応えを感じた」と“第1号”へ自信をつかんだようだった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ゴルフ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ゴルフ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス