文字サイズ

たぬかな 今年の漢字は「耐」結果が出なくても前向きに捉えられた1年

 大阪が拠点のeスポーツチーム「サイクロプス大阪」を応援する月1回の企画「月刊たぬかな」。今年最後となる今回は、たぬかな選手に今年1年を振り返っていただきました。プロ3年目で戦いとしては不本意で、漢字1文字では「耐」と表現した1年。巻き返しの思いとともに熱く語りました。

 ◇   ◇

 慌ただしい年末。今年もあと数日。本当に1年はアッという間ですね。

 今月は年内最大の目標で「鉄拳ワールドツアーファイナル」を戦ってきました。最終予選で優勝し最後の1枠をゲットして決勝ラウンドへ!との思いを持ってタイに遠征したのですが…。残念ながら予選通過ならず49位でしたが、現地では貴重な経験をしました。

 ライバルの日本と韓国の選手が、今年1強のような活躍をみせたパキスタン勢に対抗すべく力を合わせて戦うなど、「鉄拳の中で力を合わせて頑張ろう」と国を超えたコミュニティーが生まれました。格闘ゲームは一対一の戦いですが、現地では団体戦のような国を挙げた戦いで、すごく盛り上がる応援が繰り広げられました。今後につながる良い盛り上がりになってきたと思います。

 そんな締めくくりでしたが、振り返ってみると今年はパッとしなかった1年でした。チーム戦や女子の大会で優勝しましたが、強いプロが多く出てきて、1年通じて思うような成績を挙げることができず、悔しい気持ちでいっぱいです。

 自分としてはすでに来年を見据えて心機一転、スタートを切っています。この秋に東京に拠点を移し、プロの方に囲まれてより質の高い練習ができ「今後は良くしかならない!」という手応えもあります。よく「高くジャンプする前には一度かがむ」と言われますが、今はかがんでいる時。4月からすごいジャンプができたら!と思っています。

 そんな結果が出ない中でも前向きに捉えられた1年。漢字1文字で表せば「耐」です。耐えた分、来年への糧となる年です。来年はこれまでと違った姿で結果を出したい。ですので、変わらずよろしくお願いします。

 ◆たぬかな(本名谷加奈=たに・かな)1992年11月21日生まれ、27歳。徳島県徳島市出身。女性では日本国内2人目のプロゲーマーで、国内外で高い人気を誇る。高校時代に放課後、ゲームセンターに通っていた時に格闘ゲーム「鉄拳」に熱中し、現在に至る。MBS「YUBIWAZA」に準レギュラーとして出演中。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      サイクロプス大阪最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス