文字サイズ

今関「2年で幕内に定着したい」日体大から玉ノ井部屋へ入門

 日体大相撲部出身の今関俊介(22)が12日、東京都世田谷区の日体大で、大相撲の玉ノ井部屋への入門を表明し「1年で関取に上がり、2年で幕内に定着したい」と抱負を語った。15日の新弟子検査に合格すれば、夏場所(5月8日初日・両国国技館)の前相撲で初土俵を踏む。

 東京都中央区出身で172センチ、100キロの小兵。昨年の全国学生選手権では団体優勝メンバーだった。師匠の玉ノ井親方(元大関栃東)と元関脇鷲羽山が目標で「突っ張って相手をかき回し、中に入って技を決めるのが持ち味」と話した。

 玉ノ井部屋とは、主催の少年相撲大会に参加するなどの縁があった。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

スポーツ最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(スポーツ)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス