文字サイズ

ジョコビッチのビザ再取消 豪政権が全豪大会直前に強硬策 送還巡りまた法廷闘争へ

 オーストラリアのホーク移民相は14日、男子テニスの世界ランキング1位、ノバク・ジョコビッチ(34)=セルビア=の査証(ビザ)を再び取り消したと発表した。17日の全豪オープン開幕直前にモリソン政権が強硬策に踏み切った。政府は同選手が医学的に正当な理由がないにもかかわらず新型コロナウイルスワクチンの接種免除を要求しているとみている。当局は強制送還を目指す方針だが、同選手側は大会出場を果たすため裁判所に異議を申し立て、2度目の法廷闘争に入った。

 裁判所で14日夜行われた審理で、ジョコビッチの弁護士は、同選手が現時点で当局に拘束されていないことを明らかにした。当局は15日に同選手を事情聴取する方針。選手側に反論する機会を与えるためとみられる。

 モリソン首相は声明を出し、新型コロナ流行で都市封鎖などの「多大な犠牲」を払ってきたことが無駄になってはならないとして、決定に理解を求めた。

 発表でホーク氏は、査証取り消し理由について、ジョコビッチの滞在は、オーストラリア国内の「健康と秩序」「公共の利益」を害する恐れがあると説明した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス