文字サイズ

錦戸部屋 全員休場 田子ノ浦部屋に続き2部屋目

 「大相撲初場所・初日」(9日、両国国技館)

 日本相撲協会は9日、錦戸部屋関係者に新型コロナ感染者が出たため同部屋所属の十両水戸龍ら力士4人、師匠の錦戸親方(元関脇水戸泉)ら協会員全員が初場所を休場すると発表した。同親方は濃厚接触者と認められ、検査を受け陰性だった。10日に部屋の協会員全員が検査を受ける。

 この日、部屋のおかみさんでソプラノ歌手の小野友葵子(ゆきこ)さんが自身のブログで新型コロナに感染したことを公表。今場所の新型コロナ感染による休場は田子ノ浦部屋に続き2部屋目になる。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス