文字サイズ

IOC 再び彭帥とビデオ通話で「安全」を確認 対応に理解求める「人間的アプローチ」

 国際オリンピック委員会(IOC)は2日、女子テニスのダブルス元世界ランク1位の彭帥(Peng Shuai)さんが中国共産党の最高指導部メンバーだった張高麗元副首相に性的関係を強要されたと告白した後、安否不明となっている問題を巡り、彭帥と2度目のビデオ通話で「安全」を確認したと発表した。

 「私たちは彭帥の幸福と安全について、他の多くの人々や組織と同じ懸念を共有しています。これが昨日、IOCチームが彼女と別のビデオ通話を行った理由です。私たちは彼女に幅広いサポートを提供し、彼女と定期的に連絡を取り合い、1月に個人的なミーティングを行うことに同意しています」と、声明を出した。21日にトーマス・バッハ会長が彭帥さんと30分のビデオ通話を行い、「安全を確認した」と発表していたが、「昨日の電話で再確認された」と、強調した。

 IOCの対応を巡っては、国際人権団体やアスリート団体から「中国の悪意ある宣伝に加担した」と批判されているが、「彼女の幸福と安全を達成するためには様々な方法があります。私たちは彼女の状況に対して非常に人間的で人を中心としたアプローチを取りました。彼女は3度の五輪選手であり、IOCはこれらの懸念に対して、中国のスポーツ団体と直接取り組んでいます。私たちは『静かな外交』をしています。これは各国政府や他の組織の経験から、人道問題を効果的に解決するために最も有望な方法であると示されています」と、理解を求めた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス