文字サイズ

五輪銅メダリスト並木月海が初の全日本制覇「自分のボクシングができてうれしい」

 判定勝ちで優勝を決めた並木月海(撮影・高石航平)
 解説の岡沢セオン(右)に話しかけられ笑顔を見せる並木月海(撮影・高石航平)
 木下(左)に右フックを打ち込む並木月海(撮影・高石航平)
3枚

 「ボクシング・全日本選手権」(28日、墨田区総合体育館)

 女子フライ級決勝で東京五輪銅メダルの並木月海(23)=自衛隊=が木下鈴花(日体大)に5-0で判定勝ち。自身初の全日本制覇を果たした。持ち前のフットワークを生かして素早い出入りで的確にポイントを重ね、サウスポー対決を制した。

 五輪メダリストとして臨んだ大会だけに「まずはホッとした」と並木。今大会は無観客開催だが、五輪の盛り上がりで「たくさんの方々がメッセージを送ってくれた。結果を出したかったので優勝できてよかった」と期待に応えた。

 花咲徳栄高時代は無敗。社会人では世界選手権銅メダルや国際大会の優勝など実績を残し、五輪で銅メダルを獲得した。しかし、全日本選手権は優勝経験がなく、準決勝後には「自分のボクシングスタイルが認められる試合ができたら」と話していた。初優勝を果たして「日本でしっかりと自分のボクシングができてうれしい」と喜んだ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス