文字サイズ

鍵山優真 首位発進 今季3人目SP100点台! 3Aミスでも圧巻「成長できた」

 「フィギュアスケート・フランス杯」(19日、グルノーブル)

 男子ショートプログラム(SP)が行われ、21年世界選手権銀メダリストの鍵山優真(18)=オリエンタルバイオ・星槎=が自己ベストに迫り、今季世界3位となる100・64点で首位発進を決めた。2位はデニス・バシリエフス(ラトビア)、3位にはジェイソン・ブラウン(米国)がつけ、佐藤駿(17)=フジ・コーポレーション=は自己ベストの87・82点で4位につけた。

 完ぺきではなくても、超えた大台が地力アップの証明だった。鍵山は冒頭の4回転サルコー-3回転トーループ、続く4回転トーループを高い出来栄え点を得る内容で鮮やかに成功。最後のトリプルアクセルはステップアウトしてしまったが、スピン、ステップもハイレベルを並べ、今季のSP「ウェン・ユア・スマイリング」の世界観を体現した。

 SP100点台は今季3人目。3月の世界選手権での100・96点に迫るスコアに「小さなミスがあっても、100点台。自分の中でも大きな進展。そこは成長できた部分かなと思う」とうなずいた。

 表彰台に乗れば、初のGPファイナル出場(12月・大阪)が決定する。「ファイナルは目標ですけど、考えすぎると緊張してしまう」と、自然体でフリーに挑む。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス