文字サイズ

Jリーグ、選手らへの中傷に対抗プロスポーツ界初、SNS講習

 サッカーのJリーグが会員制交流サイト(SNS)での選手らに対する差別や誹謗中傷、なりすまし被害対策のため、総務省などと共同してセミナーを開催し、法的措置を含む具体的な対抗策を講じる準備に入ったことが15日分かった。主要プロスポーツの統括団体として初の試みで、他競技への波及も期待される。

 セミナーは13日に開かれ、Jリーグ全57クラブ、日本サッカー協会などサッカー関連団体から約200人がオンラインで参加した。短文投稿サイト「ツイッター」と、写真共有アプリ「インスタグラム」を運営する交流サイト大手「フェイスブック」の日本法人からも出席した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス