文字サイズ

本田真凜が口にした“終わり”と再起への思い 大学限りで引退示唆「また輝けるように」

 「フィギュアスケート・東京選手権」(9日、ダイドードリンコアイスアリーナ)

 女子フリーが行われ、約11カ月ぶりの公式戦となった16年世界ジュニア女王の本田真凜(20)=JAL=は、フリー87・12点、合計点140・70点だった。12位に止まったが、辛くも11月の東日本選手権(東京)進出を決め、7年連続の全日本選手権切符獲得に望みを繋いだ。妹で、女優の望結(17)=プリンスホテル=は23位で2年連続の東日本選手権進出を逃した。

 フリーは18-19年シーズンに使用した「LOVERS」を再演。淡いイエローの衣装に身を包み、滑り出すと、しっとりと演じきった。ただ、不安定なジャンプが続き、技術点を伸ばしきれず「フリーの前はどうなるかなという感じだったので、とりあえずホッとしてます」と、安堵。「2週間後の東日本に向けて、元の構成に戻してしっかり全日本にいけるようにしたい」と、誓った。

 アスリートとしての終わりを感じながら、銀盤へと戻ってきた。昨年12月の全日本選手権。大会直前にめまいの症状を発症し、棄権した。近年成績が低迷。精神的にも厳しい状況が続く。全日本後は、今年の3月までジャンプを跳ばず、自身の気持ちと向き合ったという。アイスダンスの靴を購入し、2週間アイスダンスの練習をする中で「改めてスケート楽しいなと思った」という。そして「色々考えた上で選手としてアスリートとして頑張りたいなと思った」。シングルの選手としての再起を決意し、今季を迎えた。

 現役生活については「大学生が終わるまでしか自分の中ではないかなと思っている」とし、今季を含めてあと3シーズンとなることを示唆した。シニア2年目となった妹の望結は今大会23位に終わり、東日本進出を逃し、姉妹での全日本出場はお預けとなった。ただ、望結は「お姉ちゃんと一緒に全日本に出るという夢が叶うまではスケートは辞められない」と、背中を追い続けてくれている。昨年の全日本で兄の太一が引退。「今まで、私にとっては、お兄ちゃんが一緒に練習して、一緒に全日本に出てきた人。引退して、それがなくなって。自分が難しい時、一緒にやってきてくれた存在がいなくなってしまった。でも、妹にとっては自分が、自分にとっての兄のような存在なのかな」とうなずき、「抜かされないように頑張りたいなって思います」と、笑顔で話した。

 だからまだ銀盤に立ち続ける。重圧も不安もある。でももう一度光をまとえるように。「また輝けるように頑張りたい」。決意を込めて、言った。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

スポーツ最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(スポーツ)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス