文字サイズ

陸上 やり投げ・村上幸史が現役引退表明「今日が最後」日本選手権12連覇の41歳

 最後の投てきを終え、スタンドに向かって手を振る村上幸史(撮影・高部洋祐)
 3回目の投てきを行う村上幸史(撮影・高部洋祐)
 最終投てき前に、スタンドに手拍子を求める村上幸史(撮影・高部洋祐)
3枚

 「陸上・全日本実業団対抗選手権」(26日、ヤンマースタジアム長居)

 男子やり投げで09年世界選手権で日本勢初の銅メダルを獲得した村上幸史(41)=テック=が、今大会を最後に現役引退することが明らかになった。この日、村上が試合後に「今日が最後だった」と話した。試合は68メートル63で15位だった。

 11年まで日本選手権を12連覇し、長年やり投げ界をけん引した41歳が競技人生に終止符を打った。五輪には04年アテネ大会から3大会連続で出場し、12年ロンドン大会では日本選手団主将を務めたレジェンド。「体力的には引退してたんですけど、メンタル的な部分で、選手として最後にしっかり投げたいなとこの大会に出させてもらいました」と志願の出場だったことを明かした。

 最後の試合は上位8人に残れず3投で終えたが、晴れ晴れとした表情だった。「昔から一緒にやってきた選手たちと今日一緒にできたことが本当に幸せでした」とかみ締めた。今後については、「(経験を)伝えられる場面があれば積極的にしたい。陸上に携われるのが一番幸せ。今日しっかり終われたということで、これからのことは考えたい」と話した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス