文字サイズ

宮城野部屋・北青鵬がコロナ感染 白鵬含む所属力士全休の可能性も

 日本相撲協会は1日、新十両北青鵬(19)=宮城野=が新型コロナウイルスに感染したことを発表した。宮城野部屋には横綱白鵬(36)を始め幕内石浦(31)、十両炎鵬(26)らが所属。秋場所(9月12日初日、両国国技館)まで2週間を切っており、同部屋の力士18人が全員全休の可能性が出てきた。

 電話取材で芝田山広報部長(元横綱大乃国)は「(北青鵬は)本日(1日)、風邪の症状が出たということで検査を受けたところ陽性反応が出ました。(部屋の)他の者に関してはどこまでが濃厚接触者かというのはわかりませんが、北青鵬は部屋にいるので、みんなが濃厚接触者にあたるのではないかと思います」と明かした。部屋関係者は現在、検査を受けており結果は2日に判明する予定。

 今年1月の初場所前には白鵬が感染し、部屋全体に全休措置が取られた。先場所、復活優勝した白鵬は新横綱照ノ富士(29)=伊勢ケ浜=と3場所ぶり東西横綱として注目だったが、出場へ暗雲。「横綱は(部屋に)行っているのか行っていないのかはわからないが、部屋に行っていればその中に入りますよね」と同部長は話した。

 番付発表後の陽性は慎重に今後を見守る。「初日までに2週間を切っていますので、ウイルスの量だとか症状だとか、今のところはわかりませんので、本場所には間に合わない可能性もある。途中出場は状況によってあるかもしれないけれども、他の者が順次感染していたら非常に厳しい状況にはなる可能性がある。途中出場の可能性は、部屋全体が間違いなく大丈夫ですよ、という先生からの確認が取れないことには、途中出場だって難しい」と見通しを示した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス