文字サイズ

萩野公介引退 個人メドレーで活躍、五輪3大会出場 東京6位も完全燃焼

 2016年リオデジャネイロ五輪競泳男子400メートル個人メドレー金メダリストの萩野公介(27)=ブリヂストン=が現役を引退することが24日、複数の関係者への取材で分かった。既に所属先などへの報告を済ませた。今後は未定で、大学院進学などを検討しているという。

 競泳ニッポンの一時代を築いたスイマーが、プールを後にする。五輪3大会に出場した萩野が、現役を退くことを決断した。200メートル個人メドレーで決勝に進んだ東京五輪の準決勝後、「神様からの贈り物」と号泣。6位に入賞した決勝を終えると「一番幸せな五輪だった」と涙を流した。東京で完全燃焼した。

 幼少期から「怪物」と騒がれた。高校3年生で初出場した12年ロンドン五輪では400メートル個人メドレーで銅メダルを獲得。14年仁川アジア大会は4冠で大会最優秀選手に輝いた。16年リオデジャネイロ五輪では400メートル個人メドレーで、ついに頂点へと駆け上がった。併せて3つのメダルを手にするなど、エリート街道をひた走った。

 大会後にプロに転向したものの、ここから試練が待ち受けていた。長い不調に陥り、19年は一時休養して、日本選手権も欠場。世界選手権代表入りも逃した。しかし、20年の日本選手権で2冠に輝き、東京の切符をつかみ取るまでに復活。長年しのぎを削ってきたライバルの瀬戸大也(TEAM DAIYA)と泳いだ200メートル個人メドレーが、最後のレースになった。

 今後については未定ながら、大学院進学などを検討しているという。世界にその名をとどろかせた万能スイマーは、第二の人生へ歩み始める。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

スポーツ最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(スポーツ)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス