文字サイズ

大迫傑が表明 8・8東京五輪マラソンで現役引退へ「ラストレースにします」

 東京五輪男子マラソン代表で前日本記録保持者の大迫傑(ナイキ)が29日、自身のツイッターを更新し、8月8日に札幌市内で行われる東京五輪のレースを「現役選手としてのラストレースにします」と引退する意向を明かした。

 ツイッターと同時に自身のユーチューブチャンネルも更新。動画内では「陸上選手、マラソンランナーとしてのゴールを8月8日に決めました。それは、東京を自分自身の競技人生の最高のゴールにするためです」と決意を明かし、「2013年、大会が決まってから東京を目標にしてきました。最高の舞台にするために自分の100パーセントを注ぎ込んできました。次があるって言う言い訳を強制的になくしたくて、この大会をゴールにしました。このレースに終わりなんだって決めた今、自分の持てる全ての力が出し切れる気がしています」と理由を明かした。

 ツイッターでは「それは、出し切るため。もう半歩、目標に近づくため。「走る」その究極にシンプルなことに、純粋に向き合う」と大迫。「こんなゴールがあったっていい」と記した。

 大迫は16年リオデジャネイロ五輪にトラック種目で出場。近年は大学生ランナーを募ってチームを設立、小中学生を対象としたオンラインクリニックを開催するなど、多方面で陸上界に貢献している。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス