文字サイズ

野球審判員がコロナ感染、仙台五輪代表の強化試合に出場

 日本野球機構(NPB)は25日、楽天生命パーク宮城で24日に行われた東京五輪日本代表と楽天との強化試合で球審を務めた橋本信治審判員が、新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査で陽性と判定されたと発表した。日本代表の稲葉篤紀監督や選手、スタッフはPCR検査を受け、全員、陰性が確認されたため、25日の巨人との強化試合は実施する。

 保健所からは日本代表や楽天、他の審判員で濃厚接触者に該当する人はいないと判定された。巨人との強化試合は24日とは全員、異なる審判員が出場する。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス