文字サイズ

5者協議 コーツ調整委員長、隔離遵守にドヤ顔「小池知事から特別表彰状がもらえる」

 東京五輪・パラリンピックでの観客上限を決定する5者協議が21日、始まった。組織委員会の橋本聖子会長(56)、東京都の小池百合子知事(68)、丸川珠代五輪相(50)、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長(67)、国際パラリンピック委員会(IPC)のアンドリュー・パーソンズ会長(44)が出席した。

 観客については政府の国内大規模イベントの制限に準じることを基本とし、会場定員の50パーセント以内で最大1万人とする方針。ただ、7月23日の五輪開会式については、スポンサー招待客ら約1万人を合わせた2万人を入場させる方向で調整されている。

 冒頭あいさつの前の歓談では、15日に来日し、3日間の隔離を経て、現在は行動規制の段階に入っているジョン・コーツ調整委員長も登場。「たぶん小池知事から特別表彰状がもらえると。これだけ守っているので」と、胸を張った。バッハ会長も「知事はビックリしてるみたいですよ、それだけちゃんと守っているので」と、合いの手を入れていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス