文字サイズ

尾身氏発言に丸川五輪相「別の地平の言葉通じにくいが…」“スポーツの力”改めて強調

 丸川珠代五輪相(50)が4日、閣議後の定例会見を行った。

 今夏の東京五輪・パラリンピックを巡り、政府の新型コロナウイルス対策分科会の尾身茂会長が「この状況で何のために(大会を)やるのか、目的が明らかになってない」と懸念を示したことに言及。丸川氏は「我々はスポーツの持つ力を信じてやってきた。全く別の地平から見てきた言葉を言っても、なかなか通じにくいのは実感するが」と立場の違いによる認識の相違に苦慮しつつ、「人流対策、海外から来られる方への対策を含めた(大会準備の)一つ一つの積み重ねが社会、経済を動かすときの知見になると確信している」と、大会開催と感染症対策を並行する意義を改めて強調した。

 大会開催にあたり、関係者への検査体制やワクチン接種、国内の人の動き等のデータを共有することで、今後の社会活動の再開にも寄与すると説明。「尾身会長が今取り組まれているのは、五輪があってもなくてもどうやって社会経済活動を元に戻していくのかという取り組みであることは間違いない。(情報を)しっかり共有して、私たち(五輪関係者)が開催に向けて動いていくことができるか。日々、私たちの取り組みについて向き合っていきたい」と述べた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス