文字サイズ

照ノ富士が無傷6連勝で単独トップ守る 1差で貴景勝、高安が追う

豊昇龍(左)を万全の寄り切りで下した照ノ富士(撮影・園田高夫
気合の張り手を翔猿(手前)に浴びせる貴景勝(撮影・園田高夫)
御嶽海(手前)を上手投げで破った高安(撮影・園田高夫)
3枚

 「大相撲夏場所・6日目」(14日、両国国技館)

 大関照ノ富士は前頭五枚目豊昇龍を寄り切りで下し、無傷6連勝で単独トップを守った。立ち会い鋭く踏み込むと、素早く左上手を引いて一気に寄り切った。

 大関貴景勝は前頭二枚目翔猿と対戦。激しい突っ張りで難敵を土俵際に追い込み、最後は突き出しで退け1敗をキープした。

 1敗同士の対決となった小結御嶽海-関脇高安は、高安が上手投げで勝利。大関正代は前頭四枚目妙義龍に押し出しで敗れ、2敗目を喫した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス