文字サイズ

バレーボール女子代表主将・荒木 五輪へ「やるべきことやるしかない」

 バレーボール女子代表で主将の荒木絵里香(36)=トヨタ車体=が12日、オンラインで取材に応じ、コロナ禍で開催される東京五輪への心境を明かした。

 東京五輪開幕まで3カ月を切っているが、現在も新型コロナ感染拡大は収まっていない。そんな中での五輪開催に「いろいろな考えや声があることは理解しているし、あって当然」と受け止めつつ、自身は「アスリートとしてやるべきことをやっていくしかない」と前を向き続ける。

 25日からはネーションズリーグ(イタリア・リミニ)が開幕する。国際試合が少ない中で貴重な強化の場となる。主将は「1試合1試合チームとしてレベルアップできるように、五輪に向けて強くなっていけるように頑張りたい」と力を込めた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス