文字サイズ

橋本会長 日本選手団へのワクチン接種に理解求める「ホスト国の接種。大会成功の鍵」

記者会見する東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の武藤敏郎事務総長(左)と橋本聖子会長(代表撮影)
記者会見する東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の橋本聖子会長(中央)ら(代表撮影)
記者会見する東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の橋本聖子会長(代表撮影)
3枚

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長(56)と、武藤敏郎事務総長(77)が12日、国際オリンピック委員会(IOC)理事会に出席後に、報道陣に対応した。

 IOCが各国選手団に提供するワクチンの、日本選手団への接種について、6月からの開始で調整している。大会関係者は「別枠」を強調するが、ワクチン接種が遅れる国内では「五輪特権」として批判を呼んでいる。

 橋本会長は「特に日本では国民へのワクチン接種が進展していないこともある。特別にアスリートだけが優先されてというご不満もあるのだと理解している」とした上で「より国民の皆さんに安心安全と思って頂くために、来日する各国選手団はできるだけワクチンを接種して、という考えでこの供給は決定したと理解している。世界のアスリートの皆さんが接種してくるのであれば、自国開催の日本のアスリートも接種してほしいという声があるのも確か。お出迎えするホスト国のアスリートも接種させていただくのが、安心安全な大会成功の鍵になる」と、理解を求めた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス