文字サイズ

伊藤達彦が渾身スパートで五輪切符 相沢晃との名勝負通称“ランニングデート”再び

 上位入賞で五輪出場が確定し、拳を握りしめる伊藤達彦(撮影・高石航平)
 表彰式でメダルをかじる伊藤達彦(撮影・高石航平)
2枚

 「陸上・日本選手権」(3日、静岡スタジアム)

 東京五輪代表選考会を兼ねた男子1万メートルが行われ、出場選手中唯一、五輪参加標準記録を突破していた伊藤達彦(23)=ホンダ=が27分33秒38で優勝し、五輪代表に内定した。

 魂のスパートだった。残り2周。伊藤が仕掛ける。一瞬で他の選手を突き放し、オープン参加の外国人選手と競り合いながら残り1周でさらに加速。唯一参加標準記録を突破しており、3位以内でも五輪が決まる可能性もあった中、勝ちにこだわり抜き、五輪切符をもぎ取った。

 今年1月、ニューイヤー駅伝レース中に両大腿(だいたい)骨の疲労骨折と、肉離れを発症。2カ月間、ジョギングすらできず「正直、あきらめていた」という。それでも周囲の支えで何とか間に合わせ、地元・静岡で激走した。

 最高の舞台で再びライバル対決が実現する。昨年1月の箱根駅伝と12月の日本選手権で、同学年の相沢晃(旭化成)と壮絶な競り合いの末敗れた。特に日本選手権では伊藤自身も従来の日本記録を更新する快走だったが、相沢に屈した。

 残り3カ月を切った本番に向けて「一番ライバル。相沢選手には絶対負けないという気持ちで走りたい」。

 伊藤の五輪内定が決まるとインターネット上では「相沢と伊藤の日本最速のランニングデートが五輪で行われる」「相沢くんと世界でランニングデート」「五輪で相沢伊藤のランデブーがみたい」とのコメントが相次いだ。ちまたでは“ランニングデート”、“ランデブー”とも称される両者の名勝負。次は夢の舞台で実現する。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス