文字サイズ

羽生結弦「明日への活力になるような演技がしたいと」スターズ・オン・アイスに出演

 フィギュアスケートのアイスショー「スターズ・オン・アイス」が22日、横浜アリーナで幕を開け、ソチ、平昌五輪2連覇の羽生結弦(26)=ANA=らが出演した。羽生は16-17年にショートプログラム(SP)として演じたプリンスの「レッツ・ゴー・クレイジー」を演じ、ロックナンバーで会場を沸かせた。

 公演を終え「いやぁ、正直、すっごい緊張しました」と羽生。「楽しんでもらいたいというのが一番です。こうやってアイスショーをさせていただくことも特別なこと」といい、「苦しい世の中、生きづらい世の中ですけど、ここに来てくださったからこそ特別な演技を。せっかくだったら心から何か燃え上がるような、明日への活力になるような、そんな演技がしたいと思いました」と振り返った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス