文字サイズ

桐生祥秀 左膝裏違和感は「ほぼ大丈夫」屋外今季初戦は4月末の織田記念

 陸上男子100メートルで前日本記録保持者の桐生祥秀(25)=日本生命=が27日、小学生を対象にしたオンライン授業後に、報道陣の取材に応じた。

 今月18日の室内の日本選手権60メートルに出場したが、左膝裏の違和感で決勝を棄権。数日後にMRI検査を受けており、「けがについてはほぼ大丈夫。張りがあったんでここ数日の練習は補強ぐらいにしてますけど、思い切り走れと言われたらいけそう」と説明した。

 4月11日の出雲陸上を棄権するため、屋外初戦は4月29日の織田記念国際(広島)となる。「(冬場は)走り込みとかも多かった。いろいろ(練習を)変えてみてそれがどう出るかがこれからの楽しみ」と五輪イヤーでの活躍を見据えた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス