文字サイズ

松田瑞生、涙のVから一夜明け マラソン男子日本記録保持者・鈴木健吾からも祝福

名古屋ウィメンズマラソン優勝から一夜明け、笑顔で記者会見する松田瑞生(代表撮影)
 優勝し、自慢のネイルを見せる松田瑞生(撮影・高部洋祐)
 両手を広げてゴールする松田瑞生(撮影・高部洋祐)
3枚

 名古屋ウィメンズマラソンを2時間21分51秒で初優勝した東京五輪代表補欠の松田瑞生(25)=ダイハツ=が15日、名古屋市内で会見を行った。強風が吹く悪条件のレースから一夜明け「過酷なレースだったなと思う。自分の競技人生で忘れられない1本でした」と穏やかな表情で振り返った。

 昨年の大阪国際でマークした自己ベストの2時間21分47秒に4秒届かずゴール後は悔し涙。それでも、祝福のメッセージは200件を超えたといい「『大人になったなあ』『感動した』『私も泣いた』というのが9割方。周りを巻き込むぐらい自分の気持ちが表に出る走りで何か伝えられるものがあったんだなと思ったらうれしかった」と笑顔で話した。

 友人でマラソン男子日本記録保持者の鈴木健吾(富士通)からも祝福の言葉が届いた。「『俺ももっと頑張ろうと思った』ってすごい褒めてくれて、切磋琢磨(せっさたくま)してまた頑張りたいなと思った」とうれしそうに話し、「私からは『健吾みたいに日本記録は作れんかった』と言いました」と笑いを誘った。

 東京五輪は補欠として迎えるが「日本VS世界なので、出る選手と同じ気持ちで準備していきたいし、レースに向けて調子を合わせていきたい」と力を込めた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス