文字サイズ

松田瑞生 自己ベスト4秒届かず「ふがいない」今後へ「はい上がる自分の姿を見て」

 「名古屋ウィメンズマラソン」(14日、バンテリンドームナゴヤ発着)

 東京五輪代表補欠の松田瑞生(25)=ダイハツが、2時間21分51秒で初優勝(記録は速報値)した。厳しい強風の中、持ち前の力強い走りで終始先頭を守り、22キロ過ぎからは一人旅。昨年1月の大阪国際女子マラソンで出した2時間21分47秒の自己記録にはわずかに及ばなかったが、ゴールテープを切った瞬間に涙を見せた。

 松田は昨年1月の大阪国際を自己ベストで初優勝。東京五輪代表へ名乗りを上げた。しかし、同年3月の名古屋で一山に記録を更新され、代表補欠となっていた。

 レース後は、涙の意味をうれし涙ではなく「悔しかったです」と吐露。「うれし涙を(山中)監督と流したかったが、ちょっと自分の実力が足りず、まだまだまい進していかないといけないと感じた。(監督には)過去の自分を超えられず本当にごめんなさいと言いました」と明かした。前々日の記者会見では「過去の自分を超えて優勝する」と話していたため、「去年の自分を超えられずふがいない」と悔しさを抑えられない様子だった。

 一方で、代表入りできなかったことから「競技を続けなかったらよかったと思った日々が続いた」と振り返り、「たくさんの方々の応援や励ましがあって今の私がいる」と感謝。「どん底に突き落とされたからこそ、はい上がる自分の姿を見て、少しでも多くの方が前向きな気持ちになれるような走りを続けられたと思っています」と話していた。

 東京五輪代表の鈴木亜由子(29=日本郵政グループ)は左脚痛のため欠場した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス