文字サイズ

柔道丸山城志郎、パリ五輪視野に阿部一二三戦の敗因は「気持ち」

 昨年12月に阿部一二三との東京五輪柔道男子66キロ級代表決定戦に敗れた丸山城志郎が9日、奈良県天理市の天理大での練習を報道陣にオンラインで公開し「今は僕自身の柔道の進化に重点を置いている。一つ一つの階段を上っている」と新たな決意を語った。24年パリ五輪出場を視野に入れているという。

 24分間にも及んだ歴史的な「ワンマッチ」の敗因は「技術、体力ではなく、気持ち」と明かす。攻勢に傾いた場面で阿部の治療により試合が2度中断した場面には「『今からだったのになあ』という気持ちがあった」と心の揺れを反省した。

 27歳の丸山は1月中旬に再始動した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス