文字サイズ

石川・平野組が圧勝V 台湾ペアにストレート勝ち

 「卓球・WTTコンテンダー」(6日、ドーハ)

 女子ダブルス決勝が行われ、東京五輪代表の石川佳純(全農)と平野美宇(日本生命)ペアが、陳思羽、鄭先知組(台湾)に3-0のストレート勝ちで下し優勝した。

 五輪団体戦でのダブルス起用も有力な石川、平野ペアが、2021年初の国際大会を制して幸先よくスタートを切った。準決勝は早田ひな(日本生命)、木原美悠(エリートアカデミー)との日本勢対決を制し、決勝は台湾ペアと対戦。息の合ったプレーで優位に試合を進め、1ゲームも落とすことなく圧勝した。

 1年ぶりのペアでの出場となったが、20年2月のハンガリー・オープン以来の優勝を飾った。今夏の五輪に向けて健在ぶりを見せつけた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス