文字サイズ

青学大・原晋監督 クラブ創設は「引退後に競技続けられる環境を作った」

 青学大陸上部長距離の原晋監督(53)が6日、スポーツ庁の委託事業の一環として創設された「スポーツキャリアサポートコンソーシアム」のイベントに出席し、アスリートのキャリアについて持論を展開した。

 スポーツ庁の室伏広治長官らと1時間トークを繰り広げた。原監督は「アスリートの皆さんが1番不安に思うのは引退後のポジション」と力説。「引退してすぱっと辞めるのではなく、土日の余暇を利用しながら競技を続けてほしい」と熱望し、「その仕組みを競技団体が作らないといけない。野球であれば、欽ちゃんのゴールデンクラブチームがありますよね」と例を挙げていた。

 原監督も、クラブチーム「絆ランニング倶楽部」を創設している。現在は日本実業団陸上競技連合の東日本連盟に登録申請中で、全日本実業団対抗駅伝の出場が目標だ。「引退後に会社に残りつつクラブチームで競技を続けられる環境を作った」と紹介し、「クラブチームでもニューイヤー駅伝に出られる仕組みがようやく作られた。これを、もっと陸上界が応援する仕組みにしてほしい」と呼びかけていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス