文字サイズ

25年ぶり珍事 幕下で9人による優勝決定戦 魁が制す

9人によるトーナメント戦で行われた幕下の優勝決定戦(撮影・佐藤厚)
幕下の優勝決定戦で、魁(右)が寄り切りで芝を破る(撮影・安藤由華)
2枚

 「大相撲初場所・千秋楽」(24日、両国国技館)

 大混戦の幕下は、1996年名古屋場所以来25年ぶりとなる9人による優勝決定戦が行われ、最後は魁(芝田山)が芝(木瀬)を寄り切りで下し優勝した。

 「楽しんで相撲を取った。長年相撲を取っているので緊張することもなく」。

 くじびきの結果、優勝するには4番を続けて勝たないといけない組み合わせとなり、「正直嫌でしたね」と振り返った34歳。若々しい相撲で4連勝し、「しんどいかと思ったが、意外とよかった。速い相撲を取ろうと思っていた」と胸を張った。

 6勝1敗で並んだのは錦富士(伊勢ケ浜)、将豊竜(時津風)、竜勢(鏡山)、魁、芝、濱豊(時津風)、二本柳(阿武松)、琴翼(佐渡ケ嶽)、深海山(尾上)の9人。

 優勝決定戦は9人によるトーナメントで開催。以下の結果となった。(○が勝者、×が敗者)

 ▽1回戦

 ○魁-濱豊×

 ○錦富士-将豊竜×

 ○芝-竜勢×

 ○深海山-二本柳×

 ▽2回戦

 ○魁-琴翼×

 ▽準決勝

 ○芝-錦富士×

 ○魁-深海山×

 ▽決勝

 ○魁-芝×

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス