文字サイズ

全豪オープンでの隔離措置問題…東京五輪でも混乱を不安視 海外メディアから指摘

 テニスの全豪オープン(2月8日開幕)などに出場するため搭乗したチャーター機の同乗者が新型コロナウイルスの陽性反応を示し、錦織圭を含め70人以上の選手がホテルの部屋から2週間、外出を禁じられており、現地では困惑が広がっている。

 選手たちが14日間の隔離を余儀なくされている問題を受け、海外メディアからは半年後の東京五輪でもさらなる混乱が起こることを不安視する指摘が出てきた。

 全豪オープンでは約1200人の選手、スタッフらが豪州入りする予定で、現在、隔離措置がとられている選手は72人に及ぶ。選手からは不満が噴出。一方で厳しい措置で感染者数を抑え込んできた豪州国民からは不満や緩和を求める選手たちへ厳しい批判がとんでおり、大きな問題となっている。

 AP通信は19日、開催が不透明な状況となっている東京五輪のまとめ記事で全豪オープンの事象にも言及。「五輪、パラリンピックでは1万5400人の選手が参加する。アスリートは必ず影響を受け、何年にも及ぶ練習の成果を危険にさらす」と指摘した。また米CNNは「全豪オープンの混乱が東京五輪に疑問を投げかける」と題し、「全豪オープンをめぐる検疫論争はパンデミックの最中に行われる大規模な国際スポーツイベントの可能性に疑問を投げかけ、この夏の東京五輪が直面する困難のプレビューを提供する可能性がある」と報じた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス