文字サイズ

田中希実が1万メートル優勝 五輪で複数種目出場の可能性も

表彰台で笑顔を見せる田中希実=たけびしスタジアム京都(撮影・山口登)
ラスト1周、田中希実(左)は安藤友香に追いつく=たけびしスタジアム京都(撮影・山口登)
10000メートルで力走する田中希実=たけびしスタジアム京都(撮影・山口登)
3枚

 「京都女子駅伝・中長距離競技会」(17日、たけびしスタジアム京都)

 中止となった全国都道府県対抗女子駅伝の代替大会として、女子の3000メートル、5000メートル、1万メートルが無観客で行われた。1万メートルでは、女子5000メートルで東京五輪代表に決まっている田中希実(21)=豊田自動織機=が、31分59秒89の自己ベストで優勝。五輪選考がかかる今年5月3日の日本選手権長距離種目(静岡)の参加標準記録(32分25秒00)を突破した。

 田中は序盤からトップを独走していた安藤友香(ワコール)に対して、残り3000メートルから徐々に差をつめ、ラスト1周で逆転。自身2度目となる1万メートルで、32分を切る好走を見せた。今回の挑戦は「(日本記録を持つ)1500メートルでスピードを生かすためにスタミナをつけないといけないと思った」と目的を説明。「レースの中で調整するのは新しい感覚だった」と振り返った。

 今回の勝利で1万メートルの東京五輪参加標準記録(31分25秒00)を視界に捉えた。また「地元(兵庫県小野市出身)の小林祐梨子さんが1500メートルで出たかったと言っていたし、日本人で1500メートルで五輪に出た選手はいないので」と、同種目での五輪出場にも強い思い入れを持つ。

 父の健智コーチによると、五輪の日程的に1500メートルと5000メートルの組み合わせは困難だが、1万メートルと5000メートル、1万メートルと1500メートルの2種目出場なら可能だという。出場権を得られれば、1500メートルと1万メートルという異例の組み合わせが実現する可能性もある。

 田中は昨夏に3000メートルと1500メートルで日本記録を更新。12月の日本選手権長距離種目では、広中璃梨佳(20)=日本郵政グループ=との激戦を制し、初の五輪切符を獲得していた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス