文字サイズ

卓球 平野美宇が出場初日ベスト16で敗退 腰痛明け、10カ月ぶり実戦の全日本で

6回戦で敗れる平野美宇。手前はガッツポーズを決める木原美悠=丸善インテックアリーナ大阪(撮影・高部洋祐)
6回戦で奮闘する平野美宇=丸善インテックアリーナ大阪(撮影・高部洋祐)
5回戦で奮闘する平野美宇=丸善インテックアリーナ大阪(撮影・高部洋祐)
3枚

 「卓球・全日本選手権」(15日、丸善インテックアリーナ大阪)

 女子シングルス6回戦で、東京五輪女子団体代表の平野美宇(20)=日本生命=が木原美悠(16)=JOCエリートアカデミー=に0-4のストレート負けを喫した。2年前の同大会5回戦で敗れた相手に、苦杯をなめた。

 第1ゲームを7-11で落とすと、第2ゲームを11-13、第3ゲームを12-14で競り負け。追い込まれた第4ゲームは3-11と大差をつけられた。

 自身の腰痛の影響もあり、10カ月ぶりの実戦となった平野。この日から出場で、4回戦、そして過去2年連続敗退していた“鬼門”の5回戦も突破していたが、4年ぶりの優勝はならなかった。

 16日に行われる女子シングルスの準々決勝の組み合わせは以下の通り。

長崎美柚-伊藤美誠

早田ひな-佐藤瞳

横井咲桜-石川佳純

平侑里香-木原美悠

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス