文字サイズ

川内優輝が大阪国際女子でペースメーカー 15年ぶり日本記録更新へ「アシストしたい」

 大阪国際マラソン(2021年1月31日、大阪・ヤンマースタジアム長居発着)の出場選手が22日、発表された。招待選手として東京五輪マラソン代表の一山麻緒(23)=ワコール、同じく東京五輪代表の前田穂南(24)=天満屋=らが出場する。

 今大会、世界選手権に4回出場している男子の川内優輝(33)=あいおいニッセイ同和損保=らがペースメーカーを務める。女子の大会で男子がペースメーカーを務めるのは初めてのことで、今大会に限った措置。2005年のベルリンで野口みずきが樹立した2時間19分12秒の日本記録の更新が期待される。

 川内は大会事務局を通じて「『15年前から止まったままの時計を動かし、現状を打破する』という強い意志を持った選手・指導者・大会関係者・ボランティアのみなさん、そして、それを期待するテレビの前の視聴者のみなさんとともに、ペースメーカーとして、その『想い』を全力でアシストしたい」などとコメントした。

 また、日本陸連の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダーは「新型コロナウイルスの関係で海外招待選手が一人も来られない。いい記録を出すには女子選手だけでは出にくい。ルール上どうかな?ということもあったが、大丈夫ということなので」と説明。一山と前田に対して「この2人に足りないのは記録。(2時間)18分台も夢ではない」と期待した。

 一山の自己ベストは今年3月の名古屋でマークした2時間20分29秒。前田の自己記録は18年の大阪で出した2時間23分48秒。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス