文字サイズ

陸上の新谷、ワクチン副作用懸念「正直、受けたくない」

 陸上女子1万メートルで4日の日本選手権を制して東京五輪代表に決まった新谷仁美は5日、大阪市内で行われた記者会見で、新型コロナウイルスのワクチンに関し「個人的意見」と断った上で「正直、受けたくない」と副作用への懸念を示した。「選手は体調管理を結果と同じく大事にしている。今の(感染)対策をしっかりした上で臨みたい」と語った。

 米製薬大手ファイザーなどが開発したワクチンが承認された英国では8日に接種が始まる見通し。国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は、入手可能となった場合は、強制はしないものの、東京五輪参加者には可能な限り接種するよう呼び掛けている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス