文字サイズ

五輪代表ウルフ・アロン 12月の全日本選手権出場へ「感覚取り戻したい」

 柔道男子100キロ級で東京五輪代表のウルフ・アロン(24)=了徳寺大職=が28日、オンラインで取材に応じ、体重無差別の全日本選手権(12月26日、講道館)に出場する意向を明かした。来夏の五輪に照準を合わせ「試合感覚を取り戻したい」と意欲を燃やした。

 19年12月に右膝半月板損傷で手術しており1年ぶりの実戦復帰となる。4月以降は新型コロナウイルスの影響で拠点の東海大が練習を自粛していたため1人トレーニングを続けていたが、9月中旬から本格的に稽古を再開。来夏の五輪を見据え、昨年制した全日本選手権に減量なしで臨んだ後、年明けからの国際大会に出場する考えで「(五輪は)延期になったが、試合が来ると信じるしかない。万全の状態で優勝したい」と力を込めた。

 私生活では変化もあった。取材中に「妻と離婚を前提に別居している状況です」と自ら切り出し報告。昨年4月に入籍した一般女性と離婚する方向で、マネジメント会社は「夫婦で五輪に臨む方向ではなくなった」と説明した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス