文字サイズ

陸上・児玉芽生 悔し2位も鶴田と共闘だ「女子短距離を盛り上げる」

 「陸上・日本選手権」(3日、デンカビッグスワンスタジアム)

 女子200メートル決勝が行われ、鶴田玲美(23)=南九州ファミリーマート=が日本歴代3位の23秒17(向かい風0・1メートル)で自己ベストを0秒64縮めて初優勝を果たした。2位は19年女王の児玉芽生(21)=福岡大=が自己新の23秒44で、100メートルとの2冠は達成ならず。

 インカレ女王の児玉は2連覇を逃し、「優勝を狙ったが悔しい」と肩を落とした。9月の日本学生対校選手権では100メートル決勝で日本歴代3位となる11秒35を記録し、一気に注目を集めた。「鶴田さんと切磋琢磨(せっさたくま)して、女子の短距離界を盛り上げていければ」と次世代エースとしての覚悟も十分だった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス