文字サイズ

関脇正代がV王手、大関朝乃山を圧倒 単独トップで千秋楽 翔猿は3敗目

朝乃山(右)を押し倒しで破る正代=両国国技館(撮影・中田匡峻)
2枚

 「大相撲秋場所・14日目」(26日、両国国技館)

 2敗の関脇正代(時津風)は大関朝乃山(高砂)と対戦し、一気に攻めて押し倒した。立ち合いすぐに相手を横向きにする圧倒的な内容で、館内をわかせた。優勝争い単独トップで千秋楽に臨む。

 前日の貴景勝に続き、2日続けて大関を破った。千秋楽の一番に勝てば、自身初の幕内優勝が決まる。

 平幕ながら2敗を守っていた翔猿(追手風)は大関貴景勝(千賀ノ浦)にはたき込まれ、3敗に後退した。

 優勝の可能性が残るのは2敗の正代、3敗の翔猿と貴景勝。正代が千秋楽で敗れた場合は、3敗の2人に優勝の可能性が残る。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス