文字サイズ

照ノ富士が休場「左変形性膝関節症」今場所は十両以上で13人目の休場

 「大相撲秋場所・13日目」(25日、両国国技館)

 先場所5年ぶり復活優勝を果たした東前頭筆頭の照ノ富士(28)=伊勢ケ浜=が13日目の25日、日本相撲協会の休場を届け出た。「左変形性膝関節症で3週間の安静加療を要する見込み」との診断書を提出した。

 今場所は初日2連敗後、7連勝し優勝争いに絡んでいたが、12日目、阿武咲(阿武松)に敗れ脱落。12日目まで8勝4敗で勝ち越しを決めており、来場所の三役復帰を濃厚としている。

 対戦予定だった優勝争いする平幕若隆景(荒汐)は不戦勝で2桁10勝目となった。

 幕内千代大龍(九重)も休場を届け出た。対戦相手の徳勝龍(木瀬)は不戦勝となる。

 今場所の十両以上の休場は計13人目となった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス