文字サイズ

IOCバッハ会長 東京五輪は「歴史的なものになる」「必ず成功する」

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は24日、都内で東京五輪に向けた国際オリンピック委員会(IOC)調整委員会をテレビ会議で開催した。25日まで行われる会議を前に、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長、ジョン・コーツ調整委員長、東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長、東京都の小池百合子知事、橋本聖子五輪相らがあいさつした。

 ローザンヌ(スイス)からリモート参加したバッハ会長は、新型コロナウイルスの影響で来夏に延期された大会に向け「新しい世界にも適応していかなければいけない。この大会をポストコロナの世界に合わせたものにしなければならない」とし、「われわれは同じボートに乗り合わせている立場。したがって同じ方向に向かってこいでいくということ」と、あらためて開催への意欲を示した。

 また、世界各地でスポーツイベントが開催されつつある状況にも言及。「スポーツは復活しつつある。着実に、ゆったりと復活している。安全で安心な大会を開催できるということ。たとえワクチンがなくても、ということ」と説明。ワクチンについてはいろいろな専門家らからも話を聞いているといい「みなさんがおっしゃるのは、来年の最初にはワクチンができるだろうと」と語った。

 延期に伴う大会のコスト削減の重要性も訴えた。その上で東京大会について「歴史的なものになるでしょう。必ず成功する。ともに成功させましょう」と呼びかけた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス