文字サイズ

砲丸投げ 東海大・岩佐が初優勝「2年連続2番になりたくなかった」

 優勝してポーズを決める岩佐隆時=デンカビッグスワンスタジアム(撮影・堀内翔)
2枚

 「陸上・日本学生対校選手権」(12日、デンカビッグスワンスタジアム)

 男子砲丸投げ決勝が行われ、岩佐隆時(東海大)が17メートル52で初優勝となった。

 昨年は準優勝で、幸長慎一(四国大院)に同種目2連覇と、円盤投げとの2冠を許した。雪辱を果たし、「2年連続2番にはなりたくなかったので、1番になれて安心している」とうれしさをにじませた。

 この1年でメンタルとフィジカルを強化。技術面では腰痛により練習できない時期もあったため、「技術的には去年のほうがよかった」としたが、「もし去年の感覚で投げられたら18(メートル)は軽く行った」と成長を実感している。

 表彰式後には仲間がいる観客席に向かって笑顔でガッツポーズを見せた岩佐。今後は「19メートルが通過点になるくらいの選手になりたい」と日本記録の18メートル85越えを誓った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス