文字サイズ

十両は6人で優勝決定戦、明生が立浪部屋3人のともえ戦制す 豊昇龍は十両Vならず

豊昇龍(中央)ら6人で行われる十両優勝決定戦=撮影・中田匡峻
天空海(左)を突き落としで下して優勝を決め、ガッツポーズの明生=両国国技館(撮影・西岡正)
十両優勝決定戦のくじ引きを行う6人の十両力士(撮影・西岡正)
3枚

 「大相撲7月場所・千秋楽」(2日、両国国技館)

 十両は10勝5敗で6人が並び、1回勝負の対戦が行われた後、勝った3人がともえ戦を行った。このともえ戦に進出した3人が全員立浪部屋という珍しい事態も起きた。

 まず、組み合わせを決める抽選が行われ、3つの取組が行われた。結果は以下の通り。

●水戸龍(錦戸)-天空海(立浪)

●千代ノ皇(九重)-○明生(立浪)

●旭大星(友綱)-○豊昇龍(立浪)

 次に、勝った天空海、明生、豊昇龍によるともえ戦が行われた。ともえ戦は、だれか1人が連勝するまで負け抜けで相撲を取り続ける方式。

 まず、明生が豊昇龍に勝利した。続けて、明生が天空海と対戦し、突き落として連勝。これにより、明生の十両優勝が決まった。

 十両筆頭で10勝している明生は、来場所の再入幕が確実な状況となっている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス