文字サイズ

池江璃花子が涙ぬぐう「希望の力が必要」五輪延期は「プラス1年」と前向きに

 新型コロナウイルスの影響により、来夏に延期された東京五輪まであと1年となった23日、メインスタジアムの国立競技場でのイベント「一年後へ。一歩進む。~+1メッセージ~TOKYO2020」が行われた。白血病からの復帰を目指す競泳の池江璃花子(20)=ルネサンス=が出演し、1年後に持ち越された東京五輪へのメッセージを発信した。大役を終えた池江は、こみあげた涙をぬぐっていた。

 開会式の時間に合わせた午後8時にイベントはスタートした。上下が白色の衣装で聖火を手にした池江は、直前で五輪が延期になったことを「言葉にできないほどの喪失感だったと思う」と表現。自身が白血病の治療を受けてきたことにも触れ、コロナ禍において奮闘する医療従事者へ向けて「本当に感謝しかありません。ありがとうございます」と言葉を投げかけた。

 「今から1年後。オリンピックやパラリンピックができる世界になっていたら、どんなに素敵だろうと思います」と開催を願うと、「今日、ここから始まる1年を単なる1年の延期ではなく、『プラス1』と考える。それはとても、未来志向で前向きな考え方だと思いました」と、延期になった期間をポジティブに捉える考え方を示した。

 現状、スポーツを行うことの反対意見があることも踏まえた上で、「ただ、一方で思うのは、逆境から這い上がっていく時には、どうしても、希望の力が必要だということです」と思いを込めた。その上で「1年後の今日、この場所で希望の炎が輝いていて欲しいと思います」と語った。

 会場の芝生から降りると、様々な思いから込み上げてきた涙を、両手でぬぐっていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス