文字サイズ

羽生、ISU初代最優秀選手賞に実績や貢献度で「光栄」

 国際スケート連盟(ISU)は11日、フィギュアで2019~20年シーズンに新設した「ISUスケーティング・アワード」の表彰式をオンラインで開き、男子の羽生結弦(ANA)が初代の最優秀選手賞に選ばれた。

 競技実績やフィギュア界に対する貢献度が選考基準となり、ライバルのネーサン・チェン(米国)らを抑えた。羽生は日本スケート連盟を通じ「大変光栄に思っているのと同時にまさか賞をいただけるとは思わなかったのでとてもびっくりしている」と喜びを語った。

 羽生はチェンが欠場した2月の四大陸選手権で初優勝し、男子初のジュニア、シニアの主要国際大会全制覇を達成した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス