文字サイズ

柔道・男子66キロ級五輪代表選考会は12月GS東京で調整 丸山城志郎と阿部一二三が拮抗

 全日本柔道連盟(全柔連)は2日、新型コロナウイルス感染拡大に伴う今後の大会実施について会議を行った。中里壮也専務理事が代表取材に応じ、14階級で唯一東京五輪代表が決まっていない男子66キロ級の選考会について、12月開催予定のグランドスラム(GS)東京大会で実施する方向で調整していることを明かした。

 この階級は19年世界王者の丸山城志郎(26)=ミキハウス=と17、18年世界王者の阿部一二三(22)=パーク24=が拮抗(きっこう)しており、4月の最終選考会で決着をつけるはずだったが、コロナ禍により先行きが不透明となっていた。

 その選考会を12月のGS東京大会に持ってくるというプランについて、中里専務理事は「十分な準備期間を選手に与えようということ。だから少し(時期が)遅い方がいい」と意図を説明。ただ、同大会は国際柔道連盟(IJF)主催の国際ツアーでもあり、開催への不確定要素もある。「不可抗力で出場できないようなことになれば検討するということだが、一応GS東京(が選考会)になるというイメージ」と話した。

 本来選考会となるはずだった全日本選抜体重別選手権(4月から延期)は、同じく体重別大会の講道館杯と兼ねて10月31日、11月1日に開催する方向。また、体重無差別の全日本選手権、全日本女子選手権は12月26、27日に開催予定だといい、いずれも今後の常務理事会、理事会を経て決まる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス