文字サイズ

テニス・ダニエル太郎は歓迎、内山靖崇「まだ早い」全米OP無観客開催に心境告白

 男子テニスのダニエル太郎(27)=エイブル=らが呼びかけた無観客イベント「チャレンジテニス」の第1日が27日に開催され、久々に実戦を行ったダニエルと内山靖崇(27)=積水化学工業=がオンラインで取材に応じた。新型コロナウイルスの影響でツアーが中断している中、四大大会の一つ全米オープンが8月31日から無観客で開催されることを受け、それぞれの見解を示した。

 8月14日のシティオープン(米ワシントンDC)からツアーが再開予定で、ダニエルは「米国に行くのは不安だが、僕は開催してほしい」と前向き。世界ランク1位のジョコビッチ(セルビア)主催のチャリティー大会で感染者が続出したばかりだが、「しっかり対策して、厳しいルールで(大会を)やる方が生産的」と話した。

 一方、内山はツアー再開に「正直まだ早いかな」と懸念を示した。ただ、再開すれば初戦から出場する方針だといい「自分からチャンスを手放す決断はしにくい。海外に行けば感染するリスクがあるが、難しい選択」とプロとして複雑な胸の内を明かした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス