文字サイズ

東京五輪21年7月23日開幕 新たな大会日程を発表

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は30日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で延期された大会の新たな日程を発表した。組織委、国際オリンピック委員会(IOC)、国際パラリンピック委員会(IPC)、東京都、日本政府が合意し、東京五輪は2021年7月23日開幕し、8月8日に閉幕。パラリンピックは8月24日に開幕し、9月5日に閉幕する。

 スピード決定だった。24日に1年ほどの延期が発表されてから6日。五輪とパラリンピックの新たな日程が決まった。開幕と閉幕は、従来よりも1日前にずらし、旧計画を踏襲した。

 延期が決まって以降、組織委とIOCは電話会談で日程などに関する話し合いを積み重ねてきた。当初は夏とともに春に開催する議論も持ち上がったという。組織委の森喜朗会長は夏開催の理由として、選手選考や準備などを考えれば一定の期間を要すること。夏休みにかかった方が輸送面、ボランティア面、チケット保有者に望ましいと考えられること、新型コロナウイルスの状況を勘案すると1年延期の夏が望ましいこと、などを挙げた。

 日程が決まり、次は競技スケジュールを固める作業に入る。もっとも新日程は、従来の計画と同じく金曜日にスタートし、大会中の3度目の日曜日に閉幕する通例にのっとる。組織委の武藤敏郎事務総長は「大幅に変えることはないだろうと想定している。何事もなければ今年の姿のようになるのではないか」と話した。

 一番の懸念は新型コロナウイルスの感染拡大が終息するどころか、逆に深刻化していないか。森会長は「神頼みみたいなところはあるが、気持ちは必ず通じていくのではと思っている。決めた以上はこの1年、不退転の決意で臨むしかない」と口元を引き締めた。コロナ解決への出口がまったく見通せない中、ひとまず大会の日程は決まった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス