文字サイズ

瀬古リーダー、バッハ会長と森会長に「あっぱれ」 五輪ボイコットの経験振り返る

 日本陸上連盟の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダーが29日、TBS系「サンデーモーニング」に出演。東京五輪の1年程度の延期について「今回は早く決めていただいたので、僕は『あっぱれ』をあげたい。IOCのバッハ会長と、組織委員会の森会長に」と歓迎した。

 瀬古リーダーは1980年モスクワ五輪のボイコットを経験。当時を「モスクワ(の開幕)が7月19日。ボイコットが決まったのは5月24日だった。2カ月前。その間、やるのかやらないのか分からず、練習に身が入らなかった思いがあります」と振り返る。その上で「こんなに早く決めていただいて、選手たちは安心しました」とうなずいた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス