文字サイズ

WHO 東京五輪に関する勧告は拒否か 海外報道 「日本が決定を下すべき」

 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大に伴い、開幕まで5カ月を切った東京五輪の開催が不透明な状況となる中、最終決定権を持つ国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長から「勧告に従う」と委ねられた世界保健機関(WHO)は、決定的な勧告には否定的であることが17日、分かった。16日付けのナイジェリア有力紙「THIS DAY」などが報じた。

 同メディアによると、WHOのタリク・ジャサレヴィッチ報道官は「イベントの中止をアドバイスするのは、WHOの仕事ではない」とし、「意思決定の責任は日本国家当局にあり、日本がリスクについての評価をした後、日本が決定を下すべきだ」と述べたという。WHOの役割は「ガイダンスの提供、リスク評価とサポートに限られる」とした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス